家庭で出来るアロマによるセルフケアのポイントとアロマクラフトのレシピを紹介

W610Q75_60

五臓別体質タイプチェック。「腎」タイプの場合。

中医学の「五行」では、「水」にあたります。「腎」は、体液や尿などを調整する作用があり、老廃物の代謝、体温調節にも関わっています。「肺」からの気を吸収し、体内に蓄えるといった働きをもち、『生命エネルギーの倉庫』とも言われています。

骨や歯の成長発育、精子や卵子、月経などの生殖機能、性機能を支え人の一生を支配しています。また、骨や歯、耳とも関係があり、聴力や耳鳴り、めまいなどにも関係し、子どもの健康や成長にはとても重要な機能を担っています。

「腎」が不調の場合、老廃物の代謝が悪く、体を温める機能も低下していき、冷えの症状も現れます。また、老化や過労などで体内の水分が消耗して、微熱や手足のほてりなどの症状がでることもあります。若白髪や若いのに抜け毛が多い場合、腎が衰えている可能性があります。

対応する精油は、サンダルウッド、シダーウッド、シナモン、ジュニパーベリー、ゼラニウム、ローズ・オットーなど元気と活力を補い、利尿作用を発揮する精油です。

【不眠、ほてり、寝汗など】

腎の不調で、体の水分が不足してくると、足腰がだるい、めまいがする、不眠、耳鳴り、忘れっぽい、視力減退、口が渇く、手足のほてり、のぼせ、寝汗や微熱などの症状がでます。月経血の減少や早期の閉経も関係しています。

対応する精油は、サンダルウッド、ゼラニウム、ローズウッド、ローズ・オットーなど。

【顔面紅潮、性欲の異常亢進、皮膚につやがない】

腎の衰えが悪化してきて、顔面が紅潮したり、性欲の異常亢進、微熱、イライラ、皮膚の老化などの症状が現れます。

対応する精油は、サンダルウッド、ゼラニウム、ベチバー、ネロリ、ローズウッド、ローズ・オットーなど、体に潤いを与え、熱を取り除いてくれる作用をもつ精油です。

【冷え、頻尿】

体を温める機能が低下し、体が冷えている状態で、足腰が冷えてだるい、手足が冷える、尿が近い、または出にくい、顔色が悪くむくんでいる、無気力、ED、不妊などの症状も現れます。

対応する精油は、シダーウッド、シナモン、ジュバーベリー、ジンジャーなど、腎を温める作用を持ち効果を発揮する精油です。

【足腰の衰え、認知症など】

高齢や長い間病気を患っていたりすることで、腎に蓄えられていたエネルギーが消耗し、腎の不調が出てきます。精子不足、不妊、小児の発達の遅れ、足腰の衰え、動作が遅いなど、老化現象が現れやすくなります。

対応する精油は、イランイラン、シダーウッド、ジャスミン、ジュニパーベリー、ローズ・オットーなど、腎のエネルギーを補う作用の精油です。

頭髪は、腎の機能を表す指標になり、腎の機能が低下したり不調があると年齢にかかわらず、抜け毛や白髪が多くなります。シミ、しわが増えたり、年齢より老けてみえるようになるのも腎の不調の特徴です。

早寝早起きはモチロンのこと、なるべく多く歩くことで腎の機能も強化されます。過度の性生活は腎を消耗させので、不調が続く間はなるべく控えた方がいいでしょう。

W610Q75_59

五臓別体質タイプチェック。「肝」タイプの場合。

中医学の「五行」では、「木」にあたります。木が大地の栄養分を吸い上げて成長していくように、「肝」には、体の栄養分である血を貯蓄し、気や血が体中を巡り、老廃物を解毒する働きがあります。目とも深いつながりがあり、視力の調節や筋肉、腱、爪の健康を保ち、自律神経系と精神活動を調和させて、情緒を安定させます。

「肝」に不調がある場合は、情緒の安定にも関わっているため、ストレスを受けやすく、抑うつ感、イライラ、情緒不安など自律神経系のトラブルを抱え、全身の倦怠感や疲労感などといった症状もでてしまいます。爪の状態が悪くなったり、目のかすみ、月経前症候群などのトラブルも起こりがちです。

対応する精油は、オレンジスイート、グレープフルーツ、ベルガモット、マンダリン、ライム、レモンなど、肝の不調からくる症状に作用する柑橘系の精油です。

【情緒不安定やイライラ】

肝の気の巡りが悪くなって、イライラして怒りっぽい、情緒不安定、ノイローゼ気味、月経不順、更年期障害によるホットフラッシュなど、女性ホルモンに関係する不調も起こります。カモミール・ローマン、クラリセージ、グレープフルーツ、スパイクナード、ベルガモットなど、気の流れをよくする精油です。

【爪がかけやすい、貧血など】

肝の血が不足して、栄養がいきわたらない状態です。ドライアイ、まぶたのケイレン、爪の色が悪い、爪がかけやすいなど、目と筋肉、爪に症状が出やすくなります。その他にも手足のしびれ、脚がつる、貧血、月経血量の減少といった症状もあります。オレンジ・スイート、カモミール・ジャーマン、カモミール・ローマン、マンダリンなど、肝の血を補って、強化する手助けをしてくれる精油です。

【ストレス性頭痛、めまい、耳鳴り】

ストレスを過度に受け続けたり、気の巡りの悪さが長期化した場合、肝に熱が生じます。また、急激な精神的な強いストレス、気温の上昇、暖房のあたりすぎ、辛いものの食べ過ぎなどでも生じます。その結果、激しい頭痛や、耳鳴り、めまい、難聴、目の充血、激しい怒り、口の渇きといった不調の症状がでます。グレープフルーツ、ネロリ、プチグレン、ベルガモット、ライム、レモンなど、肝の熱を安定させ、ストレスからくる症状を緩和する作用の精油です。

【便秘、下痢を繰り返す】

肝の不調により、脾や胃の働きに影響し、便秘と下痢を繰り返したり、胃痛やげっぷ、吐き気などを伴います。カモミール・ローマン、カモミール・ジャーマン、ベルガモット、マンダリンなど、ストレスを緩和し、胃の不調を整えてくれる精油です。肝と脾の不調でもありますので、「脾」タイプの精油、コリアンダー、パチュリー、フェンネル、ペパーミント、マジョラム、ローズマリーも有効です。

緑の中を散歩したり、出来るだけリラックスできる時間をつくり、笑うこともとても効果的です。アルコールの取りすぎにも注意しましょう。

W610Q75_58

五臓別体質タイプチェック。「肺」のタイプの場合。

中医学の「五行」では、「金」にあたります。金は白と表現され、清潔なものの象徴とされています。「肺」は外部の綺麗な空気を体内に吸い込み、不要なガスを体外に排出する働きがあります。その他にも呼吸器系や皮膚など体全体のバリア機能として作用しています。

「肺」にトラブルがある場合、バリア機能が低下し、色白で虚弱体質、風邪をひきやすく、鼻炎や花粉症になりやすいなどの症状があらわれやすく、敏感肌、肌荒れ、アトピー性皮膚炎など皮膚のトラブルもこのタイプの人に多くみられます。

皮膚や汗腺、毛穴とも関連があり、毛穴の開閉をコントロールすることで、体内の熱を発散させ、体温を調整しています。水分バランス、水分の循環・排泄を調整する機能を持っています。

対応する精油は、サイプレス、タイムリナロール、ティーツリー、ユーカリ、パインなどバリア機能を高める作用をもつ精油です。

【風邪をひきやすい】

風邪の諸症状や悪寒、咳、頭痛、関節痛、鼻水、鼻づまり、など、「肺」の不調からくる症状です。体を温めて発汗させ、症状を和らげましょう。ジンジャー、シナモン、タイムリナロール、ティツリー、ユーカリなどが有効です。

また、発熱やのどの痛み、黄色く粘り気のある痰がでる、口が渇くなどの症状には、ウイルスを撃退し、熱を冷ます必要があります。サイプレス、ティーツリー、フランキンセンス、ペパーミント、レモンなど、高い抗菌作用が期待でき、症状を緩和させる手助けとなります。

これらの精油を使って、芳香浴だけでなく、手浴、足浴のほか、コップに熱めのお湯を入れ、おすすめの精油を1~2滴落として、鼻からゆっくり吸入するのも効果的です。

【咳や息切れ】

呼吸器系の症状で、咳や息切れがして、運動などの際悪化したり、透明で薄い痰がでる、大声が出せない、血色が悪い、疲れやすいなどの症状が出やすくなります。クラリセージ、サイプレス、ティーツリー、パイン、ユーカリなどおすすめです。栄養分を補う機能を活発にし、さらに精油の成分が肺に作用することで、お肌を引き締めてくれる働きをします。お肌を引き締めることで、毛穴の開閉をコントロールすることができるので、体温の調整機能が活発になります。

【乾燥とほてりの症状】

乾燥して呼吸器系の潤いが不足し粘膜が薄くなっている状態で、痰がでる、息切れがする、口が渇く、手足がほてる、寝汗をかくといった症状がでやすくなります。フランキンセンス、サンダルウッド、ローズウッドなど、乾燥気味の肺を潤し、ほてりを緩和する精油です。

空気がきれいな朝のうちに、深呼吸や体力に合った適度な有酸素運動を取り入れ、風邪が流行りだしたり、花粉が飛んだりする時期には、バリア機能を高めてくれる精油で、芳香浴や、吸入することをお薦めします。ディフューザーやアロマポットなどでお部屋に拡散させることで、風邪などのウイルス予防にもなります。

このページのトップヘ