家庭で出来るアロマによるセルフケアのポイントとアロマクラフトのレシピを紹介

W610Q75_57

五臓別体質タイプチェック。「脾」のタイプの場合。

主に消化器系になんらかのトラブルをかかえているタイプです。

中医学の「五行」では、「土」にあたります。土は生命を生み出しすように、人間のエネルギーとなる気や血を作り出し全身に供給する働きをします。臓器を支え、胃腸や子宮の下垂がおこらないような働きや、血管を強化し血液が正常に流れるように導く機能も担っています。「脾」はストレスの影響で、神経性胃炎、海洋などを引き起こすことがあります。また、水分代謝とも関係があり、湿度の高い日本では、「脾」にトラブルを抱えている人が多く、梅雨時など特に影響されます。

対応する精油は、コリアンダー、パチュリー、フェンネル、ペパーミント、マジョラム、ローズマリーなど、ハーブ系や柑橘系で、甘みを含む消化吸収を促進し胃腸をサポートする作用を持つ精油です。

「脾」タイプは、以下の6つの不調の症状に合わせて対応する精油で、芳香浴や吸入、沐浴などを行うと効果的です。

【体内の熱と水分が過剰に感じるとき】

飲酒、スイーツなど甘いものの取り過ぎで、体に熱と余分に水分が多く溜まっている状態です。頭が重かったり、胃がもたれたり、吐き気や下痢などの症状が現れた場合、グレープフルーツ、パチュリー、ペパーミント、レモンなどが有効です。

【冷たいもののとりすぎで、体内に水分が停滞】

内臓が冷えることで、余分な水分が体の中に溜まってしまうと、胃腸の不調から温かいものが欲しくなり、唾液が多くなります。ジンジャー、パチュリー、フェンネル、マージョラム・スイートなどの精油で、体の中から温まり、余分な水分を排出させましょう。

【虚弱体質、不摂生気味】

栄養分を運ぶ機能が低下することで、食欲不振や無気力、倦怠感といった症状が現れます。「脾」(消化器官)を丈夫にするケアが必要です。柑橘系の精油やコリアンダー、ペパーミント、マージョラム・スイートなど。

【出産後や虚弱体質】

出産や虚弱体質、運動不足などで、内臓を支える筋肉が弱くなるため、内臓が下垂し、食欲不振や倦怠感などの症状のほか、めまい、胃下垂、脱腸などを引き起こしやすくなります。柑橘系の精油やコリアンダー、マージョラム・スイート、ペパーミントなど症状を緩和してくれます。

【内出血しやすい】

血管を強化する働きが低下することで、消化器系に影響を及ぼすだけでなく、血管がもろくなることで、内出血ができやすく、鼻血、血尿、月経血が止まりにくいなどの症状があらわれます。柑橘系の精油やコリアンダー、マージョラム・スイート、サイプレス、ペパーミント、イモーテルなどがおすすめです。

【栄養不足の慢性化】

栄養を運ぶ機能が低下し、体に供給されにくく、それが慢性化して衰弱したり、冷たいもののとりすぎで、冷えた状態が長く続いている場合、むくみや下痢などの症状があらわれます。クローブ、ジンジャー、シナモン、ブラックペッパーなど血行をよくする作用の精油で、冷えを解消させましょう。

「脾」タイプの人は、特に暴飲暴食に気を付けて、バランスのとれた食事と運動、消化吸収を助けて胃腸をサポートするハーブ系、柑橘系の精油でケアしましょう。

W610Q75_56

五臓別体質タイプチェック。「心」のタイプの場合。

心になんらかのトラブルが発生して、不調を感じているタイプです。

中医学の「五行」では、「火」にあたります。火は燃焼することでものを温めたりするように、他の臓器を温めて、エネルギーを供給する作用を持っています。さらに、精神活動をコントロールする大脳にも働きかけ、意識や思考活動を安定させる役割もはたしています。

この働きが低下すると、動悸や息切れ、肩こり、多汗などの症状が現れます。それに伴い精神面にも影響し、不眠、不安などの不調がでてきます。また、「心」は顔や舌と関連が深く、「心」の働きはしっかりとした味覚や言語がはっきりと話せるように機能しています。慢性疾患や疲労など「心」のバランスが悪くなると、ほかの臓器に血が行きわたらず、さまざまな不調が生じます。

対応する精油は、イランイラン、ジャスミン、スパイクナード、ラベンダー、ローズ・オットー、ローズマリーなど、血液の循環をよくし、鎮静作用のある精油です。

主に花から抽出された苦みを含む香りの精油が「心」に作用します。

「心」タイプは、体調や季節により変化しますが、以下の6つの不調の症状に合わせて対応する精油で芳香浴やビンから直接吸入、沐浴など行ってください。

【心が異常な興奮状態のとき】

イライラや不眠などが続き、興奮状態が進むとパニックやヒステリー状態になります。リラックスさせることで、心の火を沈下させましょう。

対応する精油は、ネロリ、ラベンダー、プチグレン、ローズ・オットー。

【血行不良】

ポンプ機能の低下により、狭心症、心筋梗塞などの循環器系の病気につながります。心臓の働きを改善し、血の循環をよくすることが大切です。

対応する精油は、サンダルウッド、ローズ・オットー、フランキンセンス、ローズマリーなど。

【動悸や倦怠感】

心の気が不足し動悸、息切れ、胸苦しさ、無気力感、倦怠感、不安定感といった不調に、精油で不足した気を補います。

対応する精油は、イランイラン、ローズマリー、ラベンダーなど

【ストレスからくる冷え】

心の気が不足し、動悸や息切れの症状が進むと、血液の循環が悪化し手足の冷えなど体が冷えることで、様々な病気の要因になってきます。

対応する精油は、ジャスミン、ローズマリーなど、足浴、手浴、沐浴などがおすすめです。

【貧血】

貧血状態にある場合、考える力が弱くなり、精神が不安定になってしまいます。物忘れや不眠などの症状が出やすくなります。精神安定作用のある精油が有効です。

対応する精油は、アンジェリカ、パルマローザ、スパイクナード、ラベンダーなど

【熱っぽい】

体内の水分が不足し、体の熱が冷ませない状態で、動悸や不眠、口が渇く、手のひらが火照る、夕方から微熱が出るといった症状が多くみられます。

対応する精油は、ネロリ、パルマローザ、ベチパー、ローズ・オットーなど

早寝早起き、十分な睡眠と言った生活習慣を心がけ、喫煙は控えましょう。

W610Q75_55

不調が体内のどこで起きているか知るために「五臓六腑弁証」というものがあります。これは、古代中国の人々が自然界を「木・火・土・金・水」の5つの要素に分類した「五行学説」に基づいたもので、これら5つの要素はそれぞれが関係を保ちながら、バランスを取り合って存在しているという考えです。

たとえば、木が燃えて火を生み、火は燃え尽きて土になり、土から金属が採れ、金属の表面に水が凝集し、水は木を養うという関係とバランスです。中医学では、これら5つの要素を「木」は「肝」、「火」は「心」、「土」は「脾」、「金」は「肺」、「水」は「腎」と分類し、この5つの臓をまとめて、「五臓」といいます。このバランスが崩れると、不調が生じると考えられています。

【五臓別の体質タイプチェック】でどこから不調がきているのかがわかります。また、複数のタイプにあてはまる場合も少なくありません。以下の項目にあてはまるものにチェックを入れて、自分がどのタイプなのかを見てみましょう。

「顔色」・・・白い(D)。黒ずんでいる(E)。青いまたは青黒い(A)。黄色い(C)。顔全体が赤くほてっている(B)。

「皮膚や毛髪の状態」・・・爪が薄く欠けやすい(A)。背中にうぶ毛が多い(D)。皮膚が弱い(D)。脱毛・白髪が年齢不相応に多い(E)。

「月経トラブル」・・・月経前症候群がある(A)。月経がだらだら続きあざが出やすい(C)。

「その他」・・・体がやせている、または水太り(C)。怒りっぽく、よく泣く(A)。物忘れしやすい(B)。寝つきが悪いことが多い(B)。食後に眠くなる(C)。精力の減退を感じる(E)。目が疲れやすい、視力が低下した(A)。動悸や息切れ、胸痛がある(B)。鼻水や咳、痰が出やすい(D)。少しの運動で汗をかく(B)。よく胃痛や腹痛をおこし、胃がもたれる(C)。

風邪をひきやすく、のどがはれやすい(D)。足腰がだるく手足が冷える(E)。アレルギー性鼻炎、ぜんそく、アトピー性皮膚炎がある(D)。筋肉がこわばり、脚がつりやすい(A)。食欲不振、または過食気味(C)。骨や歯が弱く聴力低下や耳鳴りがある(E)。トイレが近いなど、排尿障害がある(E)。下の先が赤い(B)。

(A)が多かった人は・・・肝タイプで、自律神経系に関わります。

(B)が多かった人は・・・心タイプで、血液循環し精神活動をつかさどっています。

(C)が多かった人は・・・脾タイプで、胃腸などの消化器系に深くかかわっています。

(D)が多かった人は・・・肺タイプ、呼吸器系、皮膚や汗腺、毛穴などとも深く係があります。

(E)が多かった人は・・・腎タイプで、老廃物の代謝や体温調節にかかわっています。

五臓タイプごとに、対応する精油があります。これは「五味」といって、生薬にも通じるものですが、同じ味を持つ生薬は似た作用があると言われるように、精油にも味によって分類されています。不調のもととなる五臓に対応する精油を使ってケアしていきましょう。



このページのトップヘ