W610Q75_6

疲れの原因は、体内の老廃物が増えたり睡眠不足、ストレス、過度な運動など様々です。心身を活性化する精油でセルフケアしていきましょう。

おすすめの精油として、パイン、ゼラニウム、サイプレス、ラベンサラ、レモン、ローズマリー、ジュニパー、タイム、リナロール、ヒノキ、マージョラム、ラベンダー、ローズウッド、サンダルウッド。

全身の疲れには「アロマジェル」がおすすめです。デスクワークなど同じ姿勢を続けることが多い方に。

グレープフルーツ6滴、ゼラニウム2滴、ローズウッド4滴、ジェル基材 30グラム(またはジェル基材25グラムとキャリアオイル5ml)を混ぜ合わせクリーム容器などに入れ使用します。※ジェル基材はアロマ専門店などで購入できます。

首、肩、鎖骨下、手首、ふくらはぎなどに塗布して下さい。

過度な運動などで肉体疲労を感じた時のマッサージオイルはレモン、シナモン、ベルガモットを各1~2滴ずつにキャリアオイル(ココナッツオイルがおすすめ)15mlを希釈します。

疲労を感じる部分の筋肉にすり込むようにしてマッサージしてください。また、精油をバスタブに1~2滴ずつ入れて、アロマバスとしても効果的です。

疲れきってしまったけど、もうひとふんばり!体力気力アップの「アロマバスソルト」のレシピは、天然塩4グラムを容器に入れラベンサラ1滴、ローズマリーシオネール1滴、ユズ2滴を垂らして蓋をし、時々振りながら半日以上おいて、香りをなじませてから使用します。

浴槽に38~39度くらいのお湯を入れ、ペパーミント、バジル、レモングラス、ローズマリー、ラベンダーの中から好みの香りを1~3滴入れて疲れを癒しましょう。

また、好みの香りを1~2滴、ディフューザーなどで芳香浴も効果的です。

マッサージや温湿布で目の疲れを緩和できます。

ローマンカモミール1滴、ラベンダー1滴、キャリアオイル(植物油)大さじ1(15ml)をブレンドし、手に取って顔の周りをなでるようにマッサージします。眉毛の下に沿って親指で軽く圧をかけたあと、目頭と鼻との間に「晴明(せいめい)」というツボを軽く押して下さい。

マッサージが終わったら温かいタオルを目の上に当てておくとより効果的です。

足浴で下半身の疲れをリフレッシュしましょう。

天然塩40グラムにサイプレス2滴、レモン2滴をたらしよく振って半日以上おいて香りをなじませてから使用します。

バケツに42度くらいのお湯を入れ、ブレンドしたバスソルトを加えて足首から15cmくらい上までを浸します。

天然塩のかわりにキャリアオイル(植物油)10mlを精油と混ぜ、アキレス健の両側に塗布するだけでも効果があります。

頑張りすぎてヘトヘト。元気を取り戻したい時のアロマレシピは、パイン(オウシュウアカマツ)4滴、ゼラニウム3滴、ベルガモットまたはマンダリン4滴、キャリアオイル30mlを混ぜ合わせトリートメントオイルを作ります。

ゆっくりマッサージする時間がない時は、腕の内側、胸骨、みぞおちへ塗布し、耳全体を軽く揉んだあと両手で3分間ほど耳全体を手のひらで覆うようにしてみましょう。

疲れを吹き飛ばす「洗顔ソープ」のレシピは、無香料液体フェイシャルソープ50mlにティーツリー5滴、レモン3滴、ゼラニウム1滴を入れよく混ぜて、洗顔します。

しっかり睡眠をとっても疲れが残っている感じがしたり、なんだか落ち着かない時など洗顔でさっぱりさせましょう。洗い上がりにしっとり感が欲しい時は「ホホバオイル」を5ml加えます。