W610Q75_45

精油と精製水さえあれば、簡単にクラフトすることができるローション。ローションによって充分な保湿をすることは、しわの緩和、美肌の基本です。自分の好みの精油やお肌に合わせて、自分だけのオリジナルローションをクラフトしましょう。

普通肌の方におおすめの精油は、ゼラニウム、パルマローザ、マンダリン、ラベンダー、ローズ、ローズウッド、ローズ・オットー、フランキンセンス。

ドライ肌の方には、カモミール・ローマン、サンダルウッド、ゼラニウム、フランキンセンス、ラベンダー。

オイリー肌の方には、イランイラン、ジュニパー、ティーツリー、ベルガモット、レモン、ローズマリー、ベルべノン、青森ヒバ。特に収れん作用のある精油です。

敏感肌の方には、カモミール(ジャーマン、ローマン)、ラベンダー、ローズ、ローズウッド。

ローションの基本のクラフトレシピは、無水エタノール(薬局などで購入)10mlを、ガラス瓶などの保存容器に入れ、ご自分の肌に合ったおすすめの精油の中から好みの香りの精油を2種類以上選び、合計4滴以内で加えます。容器をよく振って精製水または芳香蒸留水90mlを加えよく混ぜます。

容器にラベルを貼り、レシピと作製日を書いておくと良いでしょう。

敏感肌の方は無水エタノールを6ml以下に減らし、その分精製水か芳香蒸留水を増やして全体が100mlになるように調整して下さい。

無水エタノールを使用しない場合、保存性を考慮し、精製水は使わず芳香蒸留水95mlとグリセリン5mlに精油1~2滴だけ加えて下さい。精油は水には溶けづらいので、グリセリンと精油を混ぜたあとに、芳香蒸留水を加えて下さい。

また、精油自体がお肌に合わない場合は、ローズ水・ネロリ水など好みの香りの芳香蒸留水95mlにグリセリン5mlのみのブレンドでも効果的です。

使用する際は、都度よく振って使用して下さい。また、2か月以内で使い切るようにして下さい。

精油のブレンド濃度は、はじめて精油を肌に使用する方は、合計100mlの基材(無水エタノール、芳香蒸留水、精製水など)に2滴から3滴くらい加えることから始めてお肌の調子をみながら少しずつ濃度を変えてみて下さい。

季節によっては、普通肌の人も乾燥したり、オイリー肌になったりします。乾燥する季節は、精製水を85mlにし、保湿効果があるグリセリン(薬局やアロマ専門店などで購入)かホホバ油5mlを加えるとしっとり感がでます。

グリセリンの量は、様子をみながら調整して下さい。全体量が100mlになるように精製水の量を調整しましょう。

出来上がったローションをスプレー容器に入れれば、より使用しやすくなります。乾燥肌の場合、日中、メイクの上からスプレーすると肌のしっとり感がよみがえります。

このレシピは、頭皮用トニックとしても使用できます。頭皮に合う精油は、オレンジ、パルマローザ、ヒノキ、ペパーミント、ラベンダー、ローズマリー、ベルべノン、マンダリン。