W610Q75_48

精油と色とは、その性質からとても深いつながりがあります。たとえば紫色には「奉仕」という意味が含まれ、自分のことより相手を思いやる癒し的な性質をもっています。紫色に代表される精油、ラベンダーはまさにその「癒し」の香りの性質を持っています。このように植物の色や抽出されて精油になった時の色など、その色を持っているということは色の持つエネルギーをもっているということになります。

ここでは、自分の部屋のインテリアカラーに合わせた、アロマをご紹介します。

インテリアを選ぶときに、好みの色を取り入れたり統一したりすることがあると思います。どの色を選んでいるか、その色に合わせた精油を知ることで、エネルギーのバランスを整え、心地いい空間をつくることができます。

【赤がアクセントカラーのインテリアに合う精油】

赤は、情熱的で生命力をアップさせる作用があり、リラックスするというより活動を促す意味を持ちます。そんな赤に対応する精油は、ジンジャー、クローブ、アンジェリカ、パチュリ。

ジンジャーのスパイシーな香りは、温かさと生命力あるエネルギーを与えてくれます。朝のお出かけ前にジンジャー1滴、グレープフルーツ1滴、ローズウッド1滴、ペパーミント1滴をディフューザーに入れて、お部屋に拡散させて今日一日をエネルギッシュにすごしましょう。

【青がアクセントカラーのインテリアに合う精油】

青は、赤とは逆に安心感や鎮静効果をもたらします。きれいな青色をした精油のカモミール・ジャーマン、バジル、ユーカリなどが青と関連する精油です。

心の平和と深い理解が必要な時などに、カモミール・ジャーマン2滴、ベルガモット2滴のブレンドがおすすめです。

バジルをブレンドする場合は、直観力を研ぎ澄ます作用のペパーミントを各2滴ずつ合わせると良いでしょう。

【黄色がアクセントカラーのインテリアに合う精油】

一人一人の個性を引出し、自信を持たせてくれる作用の黄色。クリーム色やベージュ色も黄色の部類に入ります。黄色に合う精油は、イモーテル、カモミール・ローマン、シトロネラ、ローズマリー、ジュニパー。

カモミール・ローマン1滴、イモーテル2滴、ベンゾイン1滴をブレンドしたものをお部屋に拡散させます。不安定な感情のバランスを整え、安定に向かわせてくれるブレンドです。

【ピンクがアクセントカラーのインテリアに合う精油】

母性を思わせる優しい無条件の愛を表すピンク。ピンクに合う精油は、ジャスミン、パルマローザ、ローズ。フローラルで優しく包まれるような香りの精油です。

ローズ2滴、ネロリ1滴、ベンゾイン1滴のブレンドは、自分らしさを取り戻し、傷ついた心を癒してくれるブレンドです。

【緑がアクセントカラーのインテリアに合う精油】

心のバランスと人間関係の調和を整えてくれる緑。森林浴をしているような樹木系の精油、サイプレス、パイン、プチグレン、ゲットウ、タイム。

他に、「紫」は思慮深さ、ミステリアスな個性を表し、ラベンダー、ミルラ、ローズウッド、ブラックペッパー。「オレンジ」は、明るさや人と人のつながり、共有などを表し、サンダルウッド、イランイラン、カルダモン、スイート・オレンジ、シナモンなどが合います。