W610Q75_49

女性のものというイメージのアロマテラピーですが、アロマは老若男女問わずだれでも楽しむことができます。特に男性は知らず知らずのうちにストレスをためこみ、解消するのも得意ではありません。女性より男性に効果的なアロマも多数あります。

ここでは、お肌のケアや、気になる汗の臭い、体臭など男性特有のトラブルに作用するアロマクラフトをご紹介します。

【アフターシェーブローション】のレシピ

多くの男性はヒゲ剃りは、不可欠な存在だと思います。シェーバーなどお肌に負担が少なく手軽になってきていますが、やはりケアが大切です。

ガラス製のビンなどにグリセリン5mlを入れ、ティーツリー1滴を加えて混ぜ合わせます。芳香蒸留水(ローズマリー水)50mlを加えてよく振ってから使用します。

ハッカ1滴、芳香蒸留水(ゆず)50mlの組み合わせもおすすめです。ハッカはペパーミントと似ていますが、ペパーミントに比べてすっきりとした香りの中に甘みがあります。

夏場は、冷蔵庫などで保存しましょう。

【ボディソープで加齢臭とおさらば】

無香料のボディソープ50mlにローズマリー(シネオールまたはベルべノン)7滴、レモングラス3滴を加えて混ぜ合わせます。

他には、ゲットウ6滴、青森ヒバ4滴のブレンドもおすすめです。

頭部、耳の後ろ、首、胸元、背中、わきを中心に洗浄します。

特に男性は「加齢臭」という言葉に、敏感になっている方が多いようです。40歳を超えたころから出てくると言われていますが、食事の内容によっても大きく左右されるようです。動物性脂肪の食事や、砂糖を減らし野菜を増やすなども効果的です。

【気になる汗の臭いにボディスプレー】

人間には汗の腺が2種類あります。体温を調節するためのエクリン腺と、腋下や外陰部など特定の部位だけにあるアポクリン腺。汗じたいは無臭ですが、放置することで雑菌などが繁殖し、匂いが発生するのです。

そこで、アロマスプレーで汗を拭いた後のケアをして、気になる汗のにおいを撃退しましょう。

ガラス製のスプレー容器に無水エタノール5mlを入れ、悪臭を分解するスギ7滴、抗菌作用の強い青森ヒバ3滴を加えて希釈します。精製水45mlを加えよく振ってから使用します。

ティーツリー6滴、ペパーミント4滴のブレンドもおすすめです。

【ボディスプレーで水虫を撃退】

男性だけではなく、女性にも水虫で悩んでいる方が多いようです。角質内に菌糸を張り巡らせて増殖する白癬菌が水虫の正体です。湿気と不衛生が大敵です。

アロマのボディスプレーを入浴後や足浴後のケアをして、水虫を撃退しましょう。

ガラス製のスプレー容器などに、無水エタノール10mlを入れ、ティーツリー10滴、パルマローザ5滴を加えて希釈し、精製水40mlを入れて良く振ってから使用します。

青森ヒバ12滴とサンショウ3滴のブレンドでも効果的です。スプレーしたあとは水分をよく拭き取って乾燥させて下さい。

【肝細胞の再生をサポートする精油】

長く続くストレスや、忘年会新年会で増えるお酒やたばこの量。肝臓に負担がかかると生活習慣に危険信号が点滅しはじめます。

そんな時は、洗面器に熱めのお湯を入れ、キャロット3滴、レモン1滴、ごま油10mlを入れて軽く混ぜ、フェイスタオルの両端を持って、洗面器に浸して絞ります。

絞ったタオルを体の右側、肝臓を前後からはさむように温湿布します。蒸気を鼻から吸い込むのも効果的です。